沖縄食べ物

本部町にある電車が走るカフェ「cafe gyutto(カフェ ギュット)」子供たちも大興奮♪

2019年8月14日

こんにちは!

沖縄在住の私ですがシンカリオンの影響で電車好きになり、本部町にある電車が走っているカフェ「cafe gyutto(カフェ ギュット)」に行ってきました。

電車好きの子供たちも絶対に大興奮するだろうな〜と思っていたら、まさに想像通り。
電車に大興奮♪

帰ったあとも「電車のカフェまた行こうね♪」とお気に入りになっていました。

今回は、「cafe gyutto(カフェ ギュット)」についてレポしていきます〜。電車好きには必見ですよ。

スポンサーリンク

本部町の電車が走るカフェ「cafe gyutto(カフェ ギュット)」に行ってきた

沖縄県国頭郡本部町にある「cafe gyutto(カフェ ギュット)」は、住所から想像する通り、結構奥の方にあります。

場所はよへなあじさい園の近く。

山の中を登っていくと段々お家の数が少なくなり「ここで大丈夫なのかな・・」と不安になりますが、ナビを見ながらガンガン進んでください。(危ないのでゆっくりのスピードで)

お店は奥の方にあって見えにくいので、右側にある看板を目印に向かうと良いですよ。

▼こんな看板があります。

お店の入り口は坂とゴツゴツした石の階段をのぼる

「cafe gyutto(カフェ ギュット)」は、駐車場に車を停めるとお店の中までは坂と階段を登っていきます。

私が見た感じでは駐車場は3台は停めれそうです。

車を停めると、坂を登っていきます。

これが結構急な坂。雨が降った後とかは滑りそうな感じなので、歩く時はゆっくり。

坂を登ったら今度は石でできた階段があります。

登る時は、手すりを使うと登りやすいですが、帰る時は降りるのがちょっと大変なので、できたら歩きやすい靴がいいかと思います。

私も1度独身時代に行ったことがありますが、その時高いヒールを履いていたので降りるのが大変でした。

店内には本格的な電車が走っている

入る時は入り口のところで靴を脱ぎ、素足で店内に入るようになっています。

では、いざ「cafe gyutto(カフェ ギュット)」の中に入ります。

目の前には本格的な電車が・・!♡

長男は初めての場所だと場所見知りをするんですが、電車を見た途端、「電車だーーー♡」と大興奮♪

緊張するのを忘れて走る電車に夢中になっていました。

お家ではプラレールで遊ぶ子供たちですが「cafe gyutto(カフェ ギュット)」にある電車は本格的。

電車もそうですが、線路から森、建物とかなりリアル。

電車オタクの夫曰く「これを作るのは絶対に大変。お金がめっちゃかかっている」とこちらも子供たち同様大興奮!

子供たちと同じぐらい目をキラキラして見ていましたよ。

デザートも美味しくてお値段も良心的♪

「cafe gyutto(カフェ ギュット)」の良いところは、本格的な電車が走っていること以外にもデザートが美味しい

何かに特化したカフェって正直食事にはあまり期待していないのですが、「cafe gyutto(カフェ ギュット)」のデザートはとっても美味しい♪

今回、私たちが注文したのは、

紅芋パウンドケーキ<500円>

沖縄風氷ぜんざい<500円>

フルーツかき氷<600円>

ケーキはしっとりして程よい甘さ。ぜんざいもふわふわで豆もしっかり味が付いていて美味しい♪

ぜんざいについていたアイスとベストマッチ。

フルーツかき氷もたっぷりフルーツが入っていてとっても美味しかったです。

この美味しさでケーキとぜんざいが500円、フルーツかき氷は600円。

個人的に「cafe gyutto(カフェ ギュット)」のようなおしゃれなカフェってもっと値段がするものだと思っているので、この値段は安く感じます。

▼デザート以外にも、食事系のメニューもあります。

  • サンドイッチ→1,000円
  • あぐーハンバーグ→1,300円
  • 新幹線プレート→700円

など。

オムツ替えスペースも有り

「cafe gyutto(カフェ ギュット)」は、オムツ替えスペースもあります。

オムツ替えスペースを使う時は店員さんにお願いしてもらうような感じになっています。

オムツも捨ててもらえますよ。

コーヒー収穫&焙煎体験ができる(予約制)

コーヒー収穫や焙煎体験もできます。

コーヒー収穫は、12月1日〜4月ごろで現在は行なっていませんでした(2019年8月)

<コーヒー収穫アンド焙煎体験コース>
13:00〜16:00
1人6,000円
事前に予約が必要

<コーヒー焙煎体験>
1人1,500円
当日でもOK。
沖縄県産豆での体験は在庫限り
輸入豆での体験は通年可能

私は普段からコーヒーは飲まないので、全く知識がないんですが、コーヒー豆って沖縄でも作れるんだとびっくりしました。

私のイメージでは外国で作られているのを輸入しているものだと思っていたので。

これは面白いサービスですよね。普通に生活しているとコーヒー収穫なんてできないので、コーヒー好きな方は1度体験してみるのもいいかもしれません♪

電車が観れる特等席に座るならお昼に予約するか夕方に行くのがおすすめ

「cafe gyutto(カフェ ギュット)」は、電車が見えるソファー席が4つ。

座った状態では電車が見えないですが、1番端っこに1人用のソファーが1つ。

ちょっと離れたところにも畳の部屋が1つあります。

なので、電車目的で行くなら、ソファー席が良いですよ。

私たちも目的は電車だったので、絶対にそこに座りたいと思い予約の電話をしました。

店員さんの話によると、12時は予約できますが、そこからは順番よくご案内という内容でした。

多分席が少ないのと、お客さんが何時に帰るかわからないので、その後は予約ができないのかな。

私が行った時はもう予約されていたので、予約ができず・・。ただ夕方ぐらいからは人も少なくなるので比較的座りやすいと言っていました。

なので、電車が見える特等席に座るなら

  • 事前に12時に予約をするか
  • 夕方ぐらいに行く

のがおすすめ。

私たちも、人が少なくなる夕方の時間帯を狙っていったので、おかげで特等席に座ってゆっくり電車を眺めることができましたよ。

高速に乗って行った甲斐がありました(^^)

スポンサーリンク

cafe gyutto(カフェ ギュット)の基本情報(営業時間・定休日・電話番号・住所)

営業時間:12:00〜17:00
定休日:金土
電話番号:090-7728-3174
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味1667-1

cafe gyutto(カフェ ギュット)に行っての感想

「cafe gyutto(カフェ ギュット)」には、独身時代に1度行ったことがあり、子供が生まれてからは子供たちにも電車見せたいなと思っていたので、今回行けてよかったです^^

電車オタクの夫は電車が見れて嬉しそうで、私も子供たちの喜ぶ顔が見れて大満足。

沖縄には電車が走っていないので(ゆいレールぐらい)電車が好きな人も少ないし、電車をメインとしたお店などもないので、こういうカフェは電車好きな我が家にはありがたいお店♡

場所が場所なので、頻繁には行けないですが、北部にドライブする機会があればまた行きたい場所です。

▼近くにはよへなあじさい園もあるので梅雨時期には寄ってみるのも楽しいですよ。

azisai
梅雨時期の沖縄観光スポットは「よへなあじさい園」入場料や駐車場について

沖縄といえば海!と想像する人も多く、梅雨時期に行っても楽しくないや〜と思っていませんか? 実は、梅雨時期の今しか見れない観光スポットがあります。 それが「よへなあじさい園」です。 もともとみかん畑だっ ...

スポンサーリンク









-沖縄食べ物

© 2020 おきとくブログ