おもちゃ 子育て

【口コミ】3輪キックボード「GLOBBER(グロッバー)」をレビュー

子供(次男)の6歳の誕生日に3輪キックボードのGLOBBER(グロッバー)を購入しました。

キックボードといえば、2輪を想像していたので、3輪があるのには驚き。

購入して半年経ちましたが、休みなると必ず「乗る!」と言い、楽しそうに遊ぶ子供の姿を見ると購入してよかったな〜としみじみ思います。

今回は、3輪キックボードのGLOBBER(グロッバー)を紹介していきます。

スポンサーリンク

GLOBBER(グロッバー)について

GLOBBER(グロッバー)は、

フランス生まれのモビリティブランド。

自転車業界で20年以上のキャリアを積んだエキスパート集団が2014年に立ち上げました。

引用元:GLOBBER

3輪タイプ以外にも生後10ヶ月から乗れる三輪車や大人用のキックスクーターなどを販売しています。

キックボード大国のフランスから生まれたブランドだから安心感もありますし、何より見た目がとてもおしゃれ!

誕生日に購入したのが、GLOBBER(グロッバー)の「プリモ」。

スカイブルー、ネイビーブルー、ピンク、ライムグリーン、レッド、の5種類あります。

我が子には、スカイブルーを購入しました。

初めて見た感想としては、

作りがしっかりしていて、初めてキックボードを乗る子でも安心だな〜。

と感じました。

GLOBBER(グロッバー)プリモの特徴

特徴を簡単に説明すると

  • 3輪で安定性抜群
  • 後ろにブレーキ付き
  • ハンドルの高さ調節は3段階
  • 折りたたみ可能
  • 前輪が光る

プリモは後ろにブレーキがついています。

こちら↓を押すことでブレーキが効いて止まることができます。

ハンドルは3段階に高さ調節ができます。

小学1年生の次男は、1番高くして使用しています。

GLOBBER(グロッバー)のメリット

乗り始めて半年経った感想(メリット・デメリット)を書いていきます。

3輪なので安定している

プリモは3輪なので、2輪のキックボードに比べてかなり安定しています。

タイヤ自体も大きいのでガタガタせず、スイスイ乗ることができます。

キックボードが初めての子でも安心。

6歳の次男は、運動が苦手でストライダーのように足で漕ぐ自転車すら乗れないのですが、プリモだけは買ったその日でマスター!

3輪なんだから普通だろ✋

とツッコミを入れられそうですが、次男は想像以上の運動音痴なのです・・。

3輪だとすぐに飽きてしまうから微妙かな、と思いましたが、半年経った今でも楽しく乗ってくれるので買ってよかったです。

車輪が光るので子供のテンションが上がる

漕ぐと前の車輪が光ります。

購入する前は、漕いでる本人は見えないから意味がないだろうと思っていましたが、実は違うんです。

車輪の光るプリモを漕ぐことで、周りにいる子供たちの視線を釘付けにしてドヤることができるのです笑

子供って光るものって好きですよね。

「すごい!すごい!」と言われるのが好きな次男は、周りの子が釘付けになっている姿を見てテンションが上がり、さらにスピードを上げて楽しそうに遊んでいます。

折りたためてコンパクトに収納できる

プリモはハンドル部分を外して折り畳むことができます。

下の写真のpushボタンを押しながらハンドル部分を取り出します。

ハンドル部分が取れたら、向きを反転して差し込みます。

畳むとコンパクトになるので、車の中に入れても邪魔にならない。

GLOBBER(グロッバー)のデメリット

小回りが利かない

プリモは、左右に体重を移動させて方向転換する仕組みになっています。

2輪のようにハンドルが動くタイプではないので、小回りが利かず急な方向転換ができません。

大回りに曲がる感じ。

なので、急なカーブを曲がる時は、一旦止まり本体を移動させる必要があります。

体重移動をさせて曲がる時も、コツが必要なので、運動が苦手な次男は、結構時間がかかりました。

ただ、ハンドルが動かないので、転倒する危険性は少ないのは良いなと感じています。

購入するならネットの方が安い

誕生日プレゼントということもあり、子供と一緒にトイザらスに行き購入しましたが、後々調べてみたらネットの方が安い!

我が家は定価の1万ちょいで購入しましたが、Amazonだと1万円以下で購入できます。

お家まで届けてくれるので、今すぐ欲しいという人以外はネットで購入するの良いですよ(^^)



-おもちゃ, 子育て

© 2023 おきとくブログ