沖縄お出かけ

2019年GW中の「ビオスの丘」は激混みだった。駐車場や中の混雑状況について

2019年5月3日

GWも後半に突入。前半は雨や曇りと天気が悪く久しぶりに晴れたと言うことでずっと気になっていた「ビオスの丘」に行ってきました。

10連休のGWで、晴れているから混雑しているだろうな〜とは思っていたんですが、想像以上に人の多さにびっくりしました。

これからビオスの丘に行こうと思っている方の参考になればと写真付きで混雑状況をまとめてみました。

スポンサーリンク

GWの晴れ日にビオスの丘に行きました!

今回、ビオスの丘に行ったのはGWの晴れた日。

夫と3歳、2歳、私の家族4人で行きました。

冒頭にも書いているんですが、GW前半は天気が悪く曇りや雨ばっかりで久しぶりの1日晴れということで、外で遊べる場所に行かないと勿体無いと思いビオスの丘に行くことになりました。

久しぶりの晴れの日だったことで、我が家のように遊びに来る人も多いだろうなって思っていたので午前中に着くように行ったんですが、それもでビオスの丘はかなり混雑していました。

GWビオスの丘の混雑状況について

朝の11時についても入り口近くの駐車場はすでに満車

11時ぐらいにビオスの丘に到着したんですが、その時間帯でも入園口の近くの駐車場は満車で、私たちは入り口かかなり遠くの駐車場に車を停めました。

こんな感じでビニールハウスの間に車を停めていました。

こういうビニールハウスがたくさん並んでいたんですが、その間すべてに車が停まっている状態。

普段はこんな風に車を停めることはないんだろうなと思いつつも我が家もスタッフの人の案内で停めました。

下の写真が入り口近くにある駐車場になるんですが、どこも全て満車。

入園口には長蛇の列!事前にチケットを購入していたも列には並ぶ必要がある

入り口から遠い駐車場を案内されたことで、きっとチケット売り場も混んでいるんだろうな・・と予想はしていたんですが、実際入園口に近づくとびっくり。

写真では途中切れていてわかりにくいんですが、この後ろにも長蛇の列ができていました。

だいたい20組以上はいたかと思います。

こんなに人が多いとチケット買うだけでもものすごく時間かかるんじゃないかと思っていたんですが、意外にもスムーズに進み大体10分ほどで中に入れました。

ちなみに我が家は今回事前にチケットを購入していたんですが、それでも列に並んで窓口でチケットを見せました。

スタッフの人も事前に購入した人でも列で並んでからの入場になります、と言っていましたよ。

前売り券を持っていたとしても優先して入れるという訳ではないのでご注意を!

水牛車が乗れるメインの広場

水牛車や巡車が乗れるメインの広場には、たくさんの人がいました。

大きな広場の端っこに子どもたちが遊べる木の遊具や動物に触れ合える場所、ベンチなどがあり、みんなその辺りに集中して固まっている感じでした。

写真は撮れなかったんですが、大きなブランコも順番待ちしている人が数組いてとても人気でした。

食堂や屋根付きベンチもいっぱい

水牛車やアスレチックの遊具があるメインの広場には、下の写真ように屋根付きのベンチやテーブルがたくさん並べてあるんですが、全ていっぱいで座ることができませんでした。

屋根付きベンチの奥にはご飯が食べれるお店があるんですが、中に座れなかった人がこのベンチでご飯を食べているという感じでした。

まだお昼前だし余裕かなって思っていましたが、全然余裕じゃなかったですね。

他にも離れた場所にも何個かベンチがありましたが、そこも全て埋まっている状態。

なので、ビオスの丘でご飯を食べるなら時間をずらして食べるか、入る前に食べるか、近くのお店でご飯を買ってピクニックしながら食べるのがいいです。

地元の人はテントをもってきている人や木陰でレジャーシートを敷いて食べている人もいましたよ。

人が混雑しているのはベンチや遊び場周辺で、レジャーシートを敷けるスペースは空いているので、確実座ってゆっくりしたい、ご飯を食べたいという人ならレジャーシートがあると便利だなと感じました!

我が家もそのパターンで行く予定だったのに肝心のレジャーシートを忘れてしまい、空いているベンチを必死で探してようやくランチができました。

ちなみにレジャーシートをもっていかなくても、お店ではゴザを借りれるようで何組か借りて敷いている人も見かけましたよ。

我が家はご飯を食べた後に借りれることに気がつきました。

トイレは男女とも混んでいる

私が見た限りでは2ヶ所トイレがあったんですが、どちらのトイレも男女混んでいました。

特にご飯が食べれるお店の隣にあるトイレは長い列が出来ていましたよ。

あまり綺麗ではありませんがオムツ替え台はあります。

ただ、授乳室がないので小さい子どもを連れて行くならビオスの丘に入る前に済ませた方がいいかもしれません。

我が子も入る前にオムツを交換して、遊び終わった後に近くのお店に行って交換しました。
スポンサーリンク

巡車(みぐいぐるま)はあまり人気がないのか人が少なかった

今回、我が家がビオスの丘に行った理由は、巡車(みぐいぐるま)に乗るためだったんですが、びっくりするほど乗っている人が少なかったです。

行く前までは、我が子のように電車好きな子がたくさんいて乗れなかったらどうしよう・・なんて考えていたのに。(笑)

私が見た限りでは乗っていた人は1組。

午前中だから人が少なかった可能性もあると思うんですが、もし巡車に乗るのであれば午前中のうちで乗っていた方がいいかもしれません。

午後帰る時、チケット売り場には長蛇の列&駐車場に入れない車がずらりと並んでいた

人が多くて3歳と2歳を連れて長時間いるのはきつかったので、13時前にはビオスの丘を出たんですが、駐車場に入る道に長い車の列ができていました。

駐車場内はチラホラ空いているところもあったんですが、車がいたるところに停まっているので(それも1台がやっと通れるぐらい道が狭い)、入るのに時間がかかっているようでした。

また、チケット売り場である入園口には、午前中よりもっと長い行列が出来ていました。

ビオスの丘のアクセス・料金

沖縄県うるま市石川嘉手苅961番地の30

【営業時間】9:00〜18:00

*入園 17:00まで

【入園料】

大人(中学生以上)900円/子供(4歳〜小学生)500円

▽入園+乗船セット

大人(中学生以上)1,600円/子供(4歳〜小学生)900円

GWにビオスの丘に行っての感想

想像していた以上に人が多くて、私と夫はその人の多さに疲れてしまいました。

ベンチを探したりトイレの順番待ちをしたりと、全てに時間がかかるので小さい子どもを連れて行くのは正直きつかったです。

でも、ヘトヘトな大人とは反対に子どもたちは思いっきり遊んでいたので、疲れたけど連れて行ってよかったかな思います。

11時に行っても混んでいたので、ビオスの丘に行くならオープンする9時に入って遊ぶほうが思いっきり遊べるんじゃないかなと思います。

あと、水牛車や巡車、湖水鑑賞舟(こすいかんしょうせん)などは時間が決まっているので、その時間に合わせてスケジュールを組むといいですよ。

 

スポンサーリンク









-沖縄お出かけ

© 2021 おきとくブログ