子育て

勉強したくない子供のやる気を引き出すコツは、勉強グッズを自分の好きな物に揃える

うちの子は、6歳になってからひらがなの勉強を始めましたが、最初の頃は勉強嫌いでした💦

「勉強したくない」「遊びたい」と全く勉強する気がなく困っていました。

そんな我が子ですが、勉強グッズを子供の好きな物で揃えると、自分から勉強をするようになりました。

これはもしかしたら他の子にも効果あるのかなと思ったので、紹介していきますね。

スポンサーリンク

6歳の我が子は勉強グッズを自分の好きな物に揃えたら勉強のやる気がアップした

うちの子はポケモンが大好きで、お家にはカードからぬいぐるみ、タオル・・といろんなポケモングッズが揃っています。

そこで私が考えたのが、勉強道具を子供の好きなポケモンで揃えるとやる気になるんじゃないか?ということです。

今まで使っていた鉛筆は可愛さとか子供受けするというよりは、書きやすさを重視して選んでいました。

この鉛筆ですね↓↓

親の私からしたらこういう鉛筆の方が書きやすいし、ひらがなの勉強するにはピッタリだと思っていました。

そんな鉛筆から子供の大好きなポケモンに揃えてみると、もうビックリ!食いつきがすごいです😂

勉強するやる気がガラリと変わり、鉛筆を使いたいがために早く勉強したい、書きたいと自分から勉強をすると言ってきたんですね。

使い続けたら飽きてくるかなって心配していましたが、このポケモンの鉛筆を購入して半年ぐらい経ちますが、いまだに勉強するやる気は変わっていません。

勉強する前に大好きな鉛筆を眺めてそこから勉強スタートするのが日課となっています。

それも勉強することで、鉛筆がどんどん小さくなり子供にとってはそれが嬉しいようで、勉強のやる気にもつながっています。

私もそのことをを知っているので「すごいね〜〇〇(子供の名前)がたくさん勉強したからこんなに小さくなったんだよ(^^)」と褒めたりしてやる気パワーをアップさせたりしています。

私も仕事が楽しくなかった独身時代は、よく大好きなネイルをして、爪を眺めて仕事のやる気がアップしたということがありました。

好きな物があると頑張れる。多分それって私や子供だけじゃなくて他の人も当てはまるのかなって思っています。

勉強をした後のご褒美を準備する(我が子の場合はゲーム)

子供のやる気を引き出すには、勉強グッズを揃えるだけじゃなくて、ご褒美も準備するのも大事かなって思います。

勉強をしたらお菓子あげるよ、とか遊びに行けるよ、とか。

うちの子の場合はポケモンゲームですね笑

最初はゲームを先にして勉強をしていましたが、それだと勉強するのを忘れてしまっていたので(ちょうどご飯の前に勉強をするので)。

今はゲームの前に勉強という風にしました。

ゲームがしたいがために、スムーズに勉強ができています。あとやる気も違いますね。

私も勉強勉強!と怒らずに済むので、この方法は我が家には合っていると思っています。

小さいうちにルーティーンを決めることで、小学校に上がっても癖になって宿題もしてくれるのかなと期待しています。

もう少し大きくなって知恵がついてくると、なかなか約束も守らなくなってくるだろうし、小さいうちに癖づけさせるのって大事かなって思っています。

▼6歳の我が子のひらがな勉強法について書いています

6歳(年長)の我が子がひらがな読める・書けるようになった方法



-子育て

© 2022 おきとくブログ