沖縄食べ物

サーターアンダギー「歩」は午後には売り切れるほど人気♪第一牧志公設市場(現在は仮設市場)の2階にある

7月1日に仮設市場のオープンに行ってきました。

その時に2階にあるサーターアンダギー「歩」にも行ってきました。

観光客はもちろん、地元の人もわざわざサーターアンダギーを購入するために立ち寄るぐらい人気のサーターアンダギー。

今回は、サーターアンダギー「歩」について書いていきます。

スポンサーリンク

第一牧志公設市場、現在は仮設市場の2階にサーターアンダギー「歩」が人気!午後には売り切れることも。

今回初めて「歩」のサーターアンダギーを購入したんですが、妹の友達はこのサーターアンダギーが好きで、わざわざ車を走らせて牧志公設市場に行くんだそうです。

「人気だから午後には売り切れることもある」

確かに今回、行った時もすごい長蛇の列ができていました。オープンは10時からなんですが、10時半には後ろに大量に置かれていたサーターアンダギーがハイペースでなくなっている状態。

多分この日は午前中には完売していたんじゃないかな、って思いました。

「歩」のサーターアンダギーは、
5個入りで450円
9個入りで756円
のプレーンタイプのみ。

 

今やサーターアンダギーといえば、紅芋や黒糖、チョコとかいろんな味のものが売っている中プレーンのみというのは凄いですよね。

外はカリッとサクサク!賞味期限は10日

見た目は少し小さめでまんまるのサーターアンダギー。

食べてみると、外はカリッとサクサク中は中身がぎっしりつまった感じで食べ応えがある。

サイズも小さめなので、2、3個一気に行けちゃう感じです。子供たちもパクパクと美味しいと食べていましたよ。

最初は5個入りにしようと思っていましたが、9個入り買っておいてよかった。

2日目も買った当日と変わらずサクサクをキープされていてとても美味しかったです。

ちなみに賞味期限は10日までとなっています。

美味しすぎて10日になる前にはきっと完食してそうですが(笑)

全国発送、事前に予約も可能!

サーターアンダギー「歩」は全国発送も対応しています。

また、前もって予約することも可能だそうです。

実際私が購入した時も、前もって予約していた人がいましたよ。

なのでサーターアンダギーを確実にゲットするなら前もって電話して取り置きしてもらうのもいいかもしれません。

サーターアンダギー「歩」の基本情報(アクセス・営業時間など)

営業時間:10時〜売り切れ次第終了(大体午後には売り切れる)

休日:日曜日・正月・旧正月・旧盆

住所:沖縄県那覇市松尾2丁目-7-10(旧にぎわい広場)仮設市場の2階

電話:098-863-1171

駐車場:なし(付近にはパーキングあり)

仮設市場には無料の駐車場がないので、近くの有料パーキングに停めて行きます。

スポンサーリンク

サーターアンダギー「歩」の感想まとめ

午後には売り切れてしまうほど人気サーターアンダギー「歩」。

観光客以外にも地元の人も多く並んでいて、実際に食べてみるとサクサクで美味しい!
すぐに売り切れてしまう理由も納得。

現在は仮設市場の2階にあるので、ぜひ近くを通ったら立ち寄ってみてくださいね。

ちなみにサーターアンダギーでは、首里にある安室のサーターアンダギーも美味しいですよ(^^)

安室のさーたーあんだーぎー
首里石嶺にある「安室のさーたーあんだーぎー」は外はカリッと中はしっとりで美味しい!黒糖とプレーンの2種類あり!

沖縄のお菓子で有名なのといえば、サーターアンダーギ。 卵と砂糖、小麦粉、ペーキングパウダーを混ぜて油であげるだけのシンプルなお菓子ですが、売っている場所によってフワフワになったり、しっとりしたりと味が ...

▼仮設市場の中の様子もレポしています。

第一牧志公設市場の仮設市場がついにオープン。店内の様子をレポ!

第一牧志公設市場は、老朽化により2019年6月16日に閉場し、徒歩5分の距離に旧にぎわい広場があった場所に、仮設市場を建てていました。 その仮設市場が7月1日についにオープン。ということで店内の様子を ...

スポンサーリンク









-沖縄食べ物

© 2021 おきとくブログ