イベント 沖縄お出かけ

第一牧志公設市場の仮設市場がついにオープン。店内の様子をレポ!

2019年7月1日

第一牧志公設市場は、老朽化により2019年6月16日に閉場し、徒歩5分の距離に旧にぎわい広場があった場所に、仮設市場を建てていました。

その仮設市場が7月1日についにオープン。ということで店内の様子をレポしていきます。

▼仮設市場の場所はこちらの記事に書いています。

【那覇】牧志公設市場の移転先の場所と仮設市場のオープンする日について。新市場の時期も!

2019年6月16日をもって、第一牧志公設市場の営業が終了しました。 子供の頃はよく行っていた牧志公設市場。 この姿が見れなくなるのは寂しくなると思い、終了する16日に行ってきました。 私と同じような ...

スポンサーリンク

7月1日に第一牧志公設市場の仮設市場がオープン。店内の様子をレポ!

店内は第一牧志公設市場と変わらず賑わっていた

私が行ったのは10時半前でしたが、店内はたくさんの人で賑わっていました。テレビカメラから地元の人、観光客の人までたっくさん。

個人的に、仮設市場に移って前の牧志公設市場と雰囲気が変わっていたらどうしよう・・なんて思っていましたが、そんなこともなく、色とりどりの魚からお肉、明るい店員さんの接客など、変わらずで安心しました。

そして、牧志公設市場といえば、生魚の臭い。仮設市場でもしっかり臭いがしていましたよ(笑)

個人的にはこの臭いを嗅ぐと牧志公設市場に来た感がします。

そして、オープン当日ということもあり店内はピカピカ!

2階は飲食店!お店ごとに分かれていて座敷も有り

仮設市場は1階が魚やお肉などを販売している店舗で、 2階が食堂。1階で買った食材を食堂で調理して食べれる持ち上げ制度があるんですが、こちらも前と変わらずやっていましたよ。

私が行った時はまだオープンしたばかりで、お店によっては準備中でしたが、帰る頃には何組かお客さんが座っていました。

お店によっては座敷もあったので、小さい子供連れでも安心(^^)

2階には何ヶ所かベンチも設置されている

テーブルの他にも、至る所にベンチも用意されていましたよ。

牧志公設市場で人気のサーターアンダギー屋さんも2階にあった

牧志公設市場で人気のサーターアンダギーの「歩」は、オープンから長蛇の列ができていました。

5個入りで450円、9個入りで756円の2種類。味はプレーンのみでした。

事前に予約して大量に購入している人や、県外から来ている人と様々で中には、「オープンおめでとう!」と言ってお土産を渡しているお客さんもいました。

きっとあの方は「歩」ファンの方なのかな〜と勝手に想像。(笑)

また、オープン記念として、サーターアンダギーを購入すると、お水の他に牧志公設市場と書かれたボールペンに、試食用のサーターアンダギーももらうことができました。

これは嬉しい♪オープンと同時に行ってよかったです^^

▼サーターアンダギー歩について詳しく書いています。

サーターアンダギー「歩」は午後には売り切れるほど人気♪第一牧志公設市場(現在は仮設市場)の2階にある

7月1日に仮設市場のオープンに行ってきました。 その時に2階にあるサーターアンダギー「歩」にも行ってきました。 観光客はもちろん、地元の人もわざわざサーターアンダギーを購入するために立ち寄るぐらい人気 ...

エレベーター階段あり

仮設市場にはエレベーターと階段もありました。階段は2ヶ所。

なのでベビーカーでも行けそうですよ〜。

仮設市場 1階と2階のマップ

仮設市場マップがこちら。

▼1階

▼2階

スポンサーリンク

閉場した第一牧志公設市場はシャターが降りていて静かだった

ちなみに閉場した牧志公設市場は、シャターが降りていて周りはガランとしていました。

平日ということもあると思いますが、それでも人通りも普段より少ないような感じ。

生まれてからずっと賑やかな光景しか見てこなかったので、この変わりようにはびっくりしました。3年後はまた新しい建物になって帰ってくるので、それまではこの静けさのままなんだろうな。

最後に

7月1日に仮設市場がオープンした第一牧志公設市場。今日から仮設市場として営業し、3年後には元の第一牧志公設市場に戻る予定となっています。

仮設市場の中は前と変わらず賑やかで安心しました。

閉場した牧志公設市場はまだシャッターが閉じているだけで工事は始まっていなかったので、工事がスタートしたら随時ブログやTwitterでアップしていきますね。

スポンサーリンク









-イベント, 沖縄お出かけ

© 2020 おきとくブログ