沖縄子育て

公園遊びにおすすめ道具と便利グッズ♪外遊びのレパートリーを増やして子供と遊ぼう

更新日:

涼しい時期は毎週公園に遊びにいく我が家。

遊具で遊ぶのもいいんですが、人が多いと思いっきり遊べなくて子供たちも飽きちゃうことがあるので、我が家では何個かおもちゃを持って遊びにいくことが多いです。

子供たちだけじゃなくて大人も一緒に遊べるおもちゃなので、一緒に体を動かして思いっきり楽しんでいます。(私はダイエットにもなるので一石二鳥♪笑)

そんな我が家が公園遊びに欠かせないおもちゃ、そして公園遊びにおすすめな便利グッズもまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

公園で遊ぶ時におすすめのおもちゃ♪幼児が夢中になって遊んでくれる☆

砂場セット

公園で遊ぶ時の定番おもちゃといえば「砂場セット」。

長男がまだヨチヨチ歩きだった頃に公園遊びのおもちゃとして最初に購入したのが砂場セット。

これならヨチヨチ歩きの子でも砂場なら遊べて周りも同じ年齢の子が多いので危なくないので安心です。

今は、遊び疲れてちょっと休憩したいな〜(私が)という時に大活躍します。(笑)

へんしんバイク

長男が2歳になった頃に普通に公園で遊んでいても体力が有り余ってどうしたらいいか・・と悩んだ時に購入した「へんしんバイク」。

もうこれは買って大正解でしたね。

かなり体力を消耗してくれるので、へんしんバイクに乗ったその日の夜は爆睡してくれます。

3歳になった今でも公園でビュンビュン乗り回しているアイテムです。

我が家はへんしんバイクを購入しましたが、個人的にはストライダーの方が大会があったりサークルがあったりと楽しそうだなと思いました。

ボール

ボールも公園で遊ぶ時の定番おもちゃの1つですよね。

今は100円ショップにも手軽に買えるので子供がいる家庭なら持っている人も多いはず。

我が家も室内用と外用と2種類持っていて、家でも外でも大活躍してくれます。

円になって家族みんなでボールをキャッチしたり、ドッチボールのようにボール当てごっこや、まりつきをしたりと1つのボールで色んな遊び方ができます。

2歳の次男は、ただボールを抱きしめて走り回るという遊びもよくします。

ボール自体も柔らかいので顔や体に当たっても痛くないのも親としては嬉しいポイントですよね。

シャボン玉

こちらも定番おもちゃの1つ「シャボン玉」。

シャボン玉はストローで吹くタイプもあるんですが、小さい子の場合だとストロータイプだと液を飲み込んでしまう心配があるので、スティックタイプのシャボン玉がおすすめ。

これなら近くに持ってきてフーと吹くだけでシャボン玉ができるので液を飲み込む必要がないです♪

また、吹けない子でもスティックの部分を振り回すとシャボン玉がでるのもおすすめポイント。

シャボン玉は100円ショップにも売っていますが、いくら吹いてもちょろっとしかシャボン玉がでないので、個人的には西松屋やアカチャンホンポなどで売っているちょっと高めのものが楽しめますよ。

シャボン玉のいいところって、吹いてシャボン玉を出すだけじゃなくて、周りにプカプカ浮いているシャボン玉を追いかけるのも楽しいんですよね。

ボールとバット

ボールとバットで野球風に遊ぶのも楽しいです。

3歳と2歳の子供たちはボールを投げても打てないので、まだちょっと早いかな〜って思っていたんですが、打てなくても「打てなかった〜」と大爆笑。

打てなくても楽しいようです。(笑)

【季節限定】凧揚げ

季節限定ではありますが、正月には凧揚げするのも楽しいですよ。

3歳の長男、最初はうまく上げられず何度も泣いていましたが、何度かやっているうちにコツを掴んで上手に飛ばしてどハマり!何度もお父さんにやってやってとおねだりしていました。(笑)

3歳ぐらいなら走るスピードも早くなっているので、走りながら凧を上手に上げていましたよ。

ちなみに私、子供が生まれたら絶対に一緒に凧揚げしたいと思っていたので、去年それがかなって嬉しかったです。

最初は100円ショップの凧揚げを買って持って行こうとしていましたが、なんとなく100円のものじゃ上がらないんじゃないかなって思ってもう1つ別のお店で購入したのを持って行ったんですが、それが大正解。

100円ショップのものはうまく飛ばずでした(TT)

なので凧を高く飛ばすなら100円ショップのものよりちゃんとしたものがいいですよ〜。

▼こういうものとか。

▼他にこういう動物のカッコいい凧揚げしている人もいました。

公園遊びに持っていくと便利なおすすめグッズ

おもちゃ以外にも公園に持っていくと便利なグッズも紹介しようと思います。

ベビーカー

小さい子供がいると大活躍してくれるベビーカー!

babycarrevue
コンビのベビーカー「メチャカルハンディ」 DFについてレビュー!【メリット・デメリット】

Combiで人気のベビーカーといえば「メチャカルハンディ」シリーズ。 女性でも片手で楽々持ち運びができる軽量、柔らかい赤ちゃんの頭を守ってくれるWエッグショック搭載、デザインの可愛らしさなど、全てにお ...

子供が乗らなくても荷物置きにもなるし、遊び疲れて抱っことせがんできてもベビーカーに乗せることもできるのであると便利。

我が家には3歳と2歳の子供たちがいますが、実は今でも現役で使っています。

主に使うのが3歳の長男・・(笑)

公園で走り回って疲れた時に乗りたーいと言って乗ることが多いです。

そろそろベビーカーの代わりとなるものが欲しくて実は今これを購入しようかと悩んでいます。

テント

奥ヤンバル鯉のぼりに行った際に初めて使ったテント。

それが想像していた以上に便利すぎて、今では公園に行く時にも使うようにしています。

寒い日は風避け、日差しが強い日は日よけになったり、遊びまわった子供たちの休憩場所にもなります。

他にも、川遊びした後の洋服の着替えやオムツ交換する時もテントがあると便利です。

テントがなかったときは、わざわざ車に戻って交換することが多かったので、テントで隠せるのは助かりますね。

あと、日焼けをしたくない私の休憩場所としても大活躍しています。

ちなみに我が家が持っているテントはパーツパーツを組み立てるものなので、時間がかかるので、ワンタッチで開くテントを買おうかなって検討中。

レジャーシート

我が家は公園で遊ぶ時はお昼ご飯もそこで食べることが多いのでレジャーシートは必需品です。

テントだけでもいいんですけど、我が家のテントは少し小さめで家族4人はいるとぎゅうぎゅうになるので、テントの前にレジャーシートを敷いてそこでお昼ご飯を食べることが多いです。

レジャーシート1つあれば公園以外にも、花火大会などの祭りやその他野外で開催されるイベントの時も大活躍するので持っていて損はないです。

普通のレジャーシートでもいいんですが、下のような取っ手が付いているタイプの方が持ち運びに便利ですよ。(我が家もこのタイプを使っています)

日焼け止め

季節関係なく日焼け止めをするのは忘れずに。

私は沖縄に住んでいるので、夏の暑い時期なんかは日焼け止めを塗るのを忘れてしまうとあっというまに顔が真っ赤になってしまいます。

子供も私の肌に似ていてすぐに真っ赤になるのでこまめに日焼け止めを塗るようにしています。

子供の日焼け止めは一体何がいいのかわからず、

  • 植物成分でできてる
  • せっけんで落とせる
  • 子供用の日焼け止め
  • 口コミレビューがいい

で選んだのが「マミー」です。

▼おうちではこのタイプ

▼持っていくものはこのタイプを使っています。

▼大人の私はというと「アリー」の日焼け止めを使っています。

今まで色んな日焼け止めを使ってきましたが、アリーの日焼け止めは沖縄の暑い日差しでさえ焼けない。

日焼け止め「ALLIE(アリィー)」の口コミレビュー。沖縄の強い日差しでも顔が赤くならない、焼けない!

20代後半で子供を出産してからというもの日焼け止めを塗らない生活をしていたせいで、顔にはシミが急増。 私は元々色が白く、沖縄の夏だと日に当たるとすぐに顔が真っ赤になるぐらい肌がとても弱いです。 それも ...

どんなに日焼け止めを塗りまくっても夏の日差しなら30分外に出れば顔が真っ赤になる私ですが、このアリーの日焼け止めにしてからは赤くならない。それにびっくりして今もずっと愛用しています。

値段は他の日焼け止めに比べて高めですが効果は抜群ですよ♪

大人も子供も日焼け止めを塗るのは忘れずに。

スポンサーリンク

マンネリ気味の公園遊びにおもちゃをプラスして遊ぼう♪

何度も公園で遊ぶとどうしてもマンネリ気味になってしまうんですけど、そこに遊べるおもちゃをプラスするだけで遊びのレパートリーが増えて楽しいですよ。

公園でもう少し違った遊びがしたい、体を思いっきり動かしたい、という方におすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク









-沖縄子育て

Copyright© おき得ブログ , 2019 All Rights Reserved.