沖縄食べ物

首里名物「ぎぼまんじゅう」!中にはあんこがぎっしり詰まっているけど甘いのが苦手な人でもペロリといけちゃう!

2018年8月2日

nomanzyuu1

のまんじゅうって知っていますか?

本土でいうあんまんみたいなもので、中には粒あんが入っていてまんじゅうの上に「の」という文字を書くことからのまんじゅうと呼ばれています。

「の」という文字は「のし」からきていて、お祝いの時に食べられている菓子の1つです。

沖縄のスーパーやお土産店などに行くと必ず売れているのまんじゅうですが、ぜひ食べて欲しいのが首里にある「ぎぼまんじゅう」というお店ののまんじゅうです。

ハマった時は毎週のように買いに行っていたぐらい大好きで、ぜひ他の人にもぎぼまんじゅうの美味しさを知って欲しくて今日はレポしていきますー!

のまんじゅうとは、沖縄のまんじゅうで、まんじゅうの上にある「の」という文字からのまんじゅうと呼ばれています。

のまんじゅうの中には粒あんが入っていてムーチーの葉っぱでも知られている敷月桃(さんにん)の葉っぱに包まれています。

スポンサーリンク

首里のぎぼまんじゅうって何!?

nomanzyuu-omise

ぎぼまんじゅうとは、のまんじゅう専門のお店で、創業100年以上の老舗!

私のおばあちゃんが生まれる前からあるお店です。すごい長いですよね。

首里に住んでいる人だけではなく、私のように遠く離れた場所に住んでいる人もわざわざ買いに来るほど人気のお店です。

朝は9時から開いていて売り切れ次第閉店するという。
以前、夕方頃に行った時は、閉店していたので、それからは遅くてもお昼過ぎまでには行くようにしています。

なので、食べたいという方はお昼までには行った方がいいですよ。

いざ、のまんじゅうを実食!

のまんじゅうを買うとこんな感じで包まれてきます。

nomannzyuu-hukuro

ムーチーの葉っぱのいい香りがする

袋を開けると、ムーチーの葉っぱで包まれてのまんじゅうが!

ぎぼまんじゅうが好きなのは、袋を開けたときに広がるムーチーの葉っぱの香りがいいんですよね〜 。

本土の人だと「何この香り!?」と思われる方もいると思いますが、沖縄県民とってこの香りが好きな人多いんです。

nomanzyuu1

nomanzyuu2

あんこがぎっしり!

半分こするとあんこがぎっしり入っています。

nomanzyuu3

実は私、あんこがあまり好きではなくて、のまんじゅうも食べなかったんですね。

まんじゅういっぱいに詰め込まれたあんこ。苦手な人ならわかると思いますが、食べ続けるとあの甘ったるいのが嫌になってきませんか?

それが嫌で1度スーパーで売っているものを食べてからは全く食べませんでした。

そんな私が、ぎぼまんじゅうののまんじゅうだけは1個丸々ペロリと食べれちゃうんです。

不思議ですよね(笑)

あんこぎっしり入っているし、甘いのに、なぜかぎぼまんじゅうだけはいける!

独身時代は週に1回買いに行くほどハマっていた時期もありましたよ。

冷めた時は温めると美味しい!

のまんじゅうは、冷めても美味しいですが、できたら買ってすぐのアチコーコー(熱い)ままで食べるのがおすすめです。

もし、すぐには食べれないわという方でも袋には温める方法もしっかり書かれているのでご安心を!

recipe

蒸し器がなかったので、電子レンジで温めてみましたが、できたてと同じぐらい美味しいですよ!

スポンサーリンク

ぎぼまんじゅうの基本情報(アクセス・営業時間・駐車場)

【営業時間】9:00〜売り切れ次第終了

【営業日】月曜日〜土曜日

【定休日】日

【駐車場】有り(お店の目の前)

【住所】那覇市首里久場川町2-109-1 ペリエールHIGA 1-A

まとめ:のまんじゅうを食べるならぎぼまんじゅう食べてみて

のまんじゅうって沖縄のスーパーやお土産屋にたくさん売っているので、お土産として買う人もいるようですが、おいしさを求めるなら断然首里のぎぼまんじゅうがおすすめですよ。

ほんとっっにスーパーに売っているものと美味しさが違うので、もし沖縄旅行にきた際はぜひ1度食べてみてくださいね。

スポンサーリンク









-沖縄食べ物

© 2020 おきとくブログ