沖縄お出かけ

那覇市「のうれんプラザ(農連市場)」をレポ!駐車場の場所と料金、営業時間など

先日、のうれんプラザ(以前は農連市場)に行ってきました!

2017年にオープンしたのうれんプラザ。今回で2度目になります。久しぶりののうれんプラザは前回行った時より雰囲気が変わりちょっとびっくりしたことがありました。

今回は、のうれんプラザ(農連市場)の様子、駐車場の行き方、料金についてレポしてきます!

スポンサーリンク

のうれんプラザ(農連市場)に行ってきました!

のうれんプラザ(農連市場)になって行くのが2度目。

前回行った時はオープンして半年ぐらい過ぎた頃で中は農連市場だった頃からあったお店もありつつ、新しく入ってきた飲食店もありなんだか新鮮な感じ。

でも、オープンして半年以上、それも行ったのが休日だったのにも関わらず、人が少なくてこのままだと飲食店は微妙じゃないかな〜・・なんて思っていました。

そして今回久しぶりに行ったのうれんプラザ(農連市場)がこちら。

今回行った日は日曜日のお昼すぎ。休日のお昼ならランチをする人で溢れているかなって思っていましたが、そんなことなくのうれんプラザ(農連市場)の中はシーンとした様子でした。

各店舗、営業時間がバラバラなので、シャッターが閉まっているのお店もちらほら。

のうれんプラザ(農連市場)が賑わう早朝に行けばもっと人がいるのかな・・?という印象でした。

ちなみに、のうれんプラザ(農連市場)は1階に野菜や青果、精肉、ちょっとした食べ物屋があり、2階か飲食店になっています。

ちょうどお昼時間だったのでせっかく来たからご飯を食べて行こうと思い2階に上がるとびっくり!

以前あった飲食店がほぼなくなって空き店舗になっていました。

看板はあるけどシャターが閉まっているお店も。

以前は何店舗か飲食店があって1階より賑わっていましたが、現在は1店舗しか営業していなくてとても寂しい感じでした。

のうれんプラザ(農連市場)の駐車場の場所と料金

駐車場までの行き方

のうれんプラザ(農連市場)の駐車場は少しわかりにくい場所にあります。

ひめゆり通りから小禄方面に向かって走り、壺屋交差点を右に曲がると開南せせらぎ通りに出ます。

そのまましばらく走ると左手にのうれんプラザ(農連市場)が見えるので、その十字路を左に曲がると駐車場があります。

▼駐車場はここになります。結構奥です。

そのまま入って行きます。

駐車場の中はこんな感じで屋根がついているので雨の日も安心!

駐車場を利用した時ちょうど大雨が降っていたんですが、屋根があったおかげで濡れずに車までたどり着けましたよ!

有料駐車場ということもあり、あまり利用者がいないのか空車が多く見られましたよ。

駐車料金

駐車料金は最初の60分は無料で60分以降から1時間300円。最大700円で利用できます。

9:00〜22:00
60分までは無料
60分以降は300円/60分

22:00〜9:00
120分まで無料
120分以降は300円/60分

最大料金700円/12時間

日中は、1時間無料で利用できるのは嬉しいですよね。

のうれんプラザ(農連市場)周辺は無料駐車場がなく、どこに行くにしても有料パーキングに停める必要があったので、このサービスはありがたい!

また、以前は最大料金が1000円となっていましたが、現在は安くなり700円。

やはりこの金額だとあまり利用者がいなかったのか・・、安くなっていたのにはびっくり。

至る所に最大700円とアピールしていました。

のうれんプラザ(農連市場)周辺の駐車場って最大が1000円のところも増えてきたので、この金額で停めれるのは結構お得感ありますよ。それも屋根付きだし!

スポンサーリンク

のうれんプラザ(農連市場)のアクセス

沖縄県那覇市樋川2丁目3−1 のうれんプラザ

のうれんプラザ(農連市場)のまとめ

2017年にオープンしたのうれんプラザ(農連市場)。

オープンして半年ぐらいたった時に行った時に比べてお店が減り、シーンとした様子。特に2階の飲食店エリアは空き店舗が目立ちとても寂しい感じ。

休みの日ですらこんな感じだったので平日はもっと人が少ないのかな?と思ってしまいました。

元々、農連市場は観光客向けではなかったので、それを新しく建て替えたからといって人が訪れるかといえば難しいところですよね。

とはいえ、駐車場は最初の60分は無料、最大700円とその周辺の駐車場に比べて安いので、こちらに停めてのうれんプラザ(農連市場)や国際通りその周辺を観光するにはもってこいの場所かなって思います。

スポンサーリンク









-沖縄お出かけ

© 2021 おきとくブログ