イベント 沖縄お出かけ

奥ヤンバル鯉のぼり祭りをレポ!当日の服装や持ち物に混雑状況、駐車場情報など。

2019年5月5日

去年からずっと行ってみたかった奥ヤンバル鯉のぼり祭り。

場所が場所だけに行く勇気がなかったんですが、今年は子どもたちも大きくなってきたしドライブがてら行ってみよう〜となり高速で約3時間かけて行ってきました!

行く前に行ったことのある友達に持っていくものや注意点などを教えてもらい、その甲斐あってとても楽しく過ごせました!

今回は、奥ヤンバル鯉のぼり祭りの様子から、当日の服装、持ち物、気になる混雑状況、駐車場情報についてまとめてみました!

スポンサーリンク

奥ヤンバル鯉のぼり祭りに行ってきました!

会場には朝11時頃に到着!

北部の渋滞に巻き込まれたくなかったので、朝9時にお家を出発!

高速を出る時に少し渋滞に巻き込まれましたが、下道はそこまで混んでいなく11時頃には会場に着きました。

会場周辺は山ばかりなので着くまで、本当に祭りをしているのか不安になっていたんですが、会場に着くとものすごい数の鯉のぼりに感動しました。

まずは場所取り&テント張り

会場について入り口付近にずらりと並んだ屋台を見たい気持ちをおさえ、まずは場所取りをしてテントを張りました。

会場内は人が多かったのですが、まだ11時ということもあり、チラホラと座れるスペースがありすぐにいい場所を確保しました。

午後になると人も多くなり良い場所はほぼ埋まっている状態でしたよ。

屋台でご飯を購入。ウインナーとチーズバーガーが美味しくておすすめ!

そのあと、すぐに気になる屋台でいくつか食べ物を購入しました。

屋台は、アメリカンドッグやポテト、焼きそば、たこ焼きなどが売られているよくある屋台から、お祭りを開催している地区の人が開いている屋台に、イベント系などに出店してそうな屋台もありました。

私たちは普通の屋台でたこ焼きとかき氷、イベント系などに出店してそうな屋台でウインナーとてりやきチーズバーガーを購入。

たこ焼きは微妙な味だったんですが、ウインナーとてりやきチーズバーガーは私の中でヒット!

ウインナー→400円、てりやきチーズバーガー→600円

と結構強気な金額でしたが、お値段以上の美味しさに感動!これは高くても食べる価値ありですよ。

来年もし来てくれるならまた食べたいです。

川は浅いので小さい子でも遊べる

川はこんな感じで浅かったので、川遊びしている小さい子どもも多かったです。

無料で消防車と衣装が着れて写真撮影

奥ヤンバル鯉のぼり祭りでは、エイサーやダンスなどのステージイベントの他に、屋台が集まっている場所では、消防士の衣装を着て消防車に乗れる体験もしていました。

うちの子たちは、消防車大好きなので、すぐにやりたーいと言い着せてもらいました。

親としてはたくさんの鯉のぼりを見せるために、3時間かけて会場に来たのに、子どもたちは、鯉のぼりより消防車に乗った時の方がテンション高かったです。(笑)

しばらく遊んで午後2時に会場を出る

奥ヤンバル鯉のぼり祭りの会場では、川で水遊びする子も多かったんですが、うちの子たちは怖がって全く入ってくれず、その周りをウロウロ・・。

高速の渋滞も気になったので午後2時には会場をでました。

奥ヤンバル鯉のぼり祭りの行き方

許田インターは混んでいたので、宜野座で一旦降りて下道から会場に向かった

奥ヤンバル鯉のぼり祭り会場に行くために高速を使いました。

普通なら最終の許田インターで降りてから下道でずっと会場まで走るんですが、許田インターの渋滞を避けるために、宜野座インターから降りてそこから下道を進んでいきました

でも皆考えていることは一緒のようで宜野座インターも混んでいました。

宜野座ICを降りた後は、渋滞という渋滞はなく、多少ノロノロと進んでいくのがあったぐらいでした。

スポンサーリンク

奥ヤンバル鯉のぼり祭りの混雑状況、駐車場についても

朝11時に到着すると駐車場はほぼ満車だった

私たちが着いたのは朝の11時頃

入る前に撮った写真なんですが、ずらりと並んでいて見た感じでは空いている様子がないので、停めれないのかなと不安になりました。

いざ中に入ってみると、なんとかギリギリ車を停めることができました。

私の車が軽自動車ということもあり、空いたスペースに無理やり停めたという感じだったので、もしこれが夫の普通自動車で行けば、アウトだったのかなっと思いました。

軽で行ってよかったー(><)

満車だった場合は臨時駐車場に案内するようになっているようですが、確実に会場近くの駐車場に停めるなら11時前には着くようにした方がいいかもしれません。

会場内は広いのでそこまで人が多いと感じなかった

会場内はこの通りとっても広いので、人が多いとはあまり感じませんでした。

祭りに行くと屋台には長蛇の列で、その周りには沢山の人だかりができて歩くのも大変・・っていうのがよくあるんですけど、奥ヤンバル鯉のぼり祭りの場合は、弁当を持参している人が多かったので、屋台の周りが混雑している様子はなかったです。

お昼時間は1つの屋台に5組ほど並んでいたぐらいなので、ベビーカーでスイスイ通れましたよ〜。

午後になると駐車場の空きが目立った

私たちは午後2時に会場から出たんですけど、その時点で駐車場にはちらほら空いているスペースがありました。

多分、私たちのように高速に乗ってきている人は、渋滞を避けるために午前中に着いて午後に帰る人が多いから午後になると駐車場が空くんでしょうね。

奥ヤンバル鯉のぼりに行く時の服装

川遊びをするなら水着or濡れてもいい格好とサンダル、タオル

うちの子たちは全く川に入らなかったんですが、川遊びをするなら濡れてもいい格好とサンダルも忘れずに。

会場にはトイレもあるので、そこで着替えることもできますし、小さい子は大体その場で着替えていた子が多かったです。

太陽が出ていると暑いので帽子も忘れずに

GWでもやっぱり太陽が出ていると暑いので帽子も忘れずに。

私もしっかり帽子かぶっていたんですが、それでも後ろの首は日焼けして黒くなっていましたよ(><)

日焼け止めもこまめに塗っていた方がいいかもしれません。

奥ヤンバル鯉のぼりに行く時にあると便利なもの

レジャーシートかテントがあると便利!

持ち物として持っていくと便利なのが、レジャーシートテント

会場内は椅子など座れる場所がないので、皆川辺周辺にレジャーシートやテントを張っていましたよ。

我が家も友達からテント便利!と聞いていたので、持っていたんですが、本当に便利でした。(笑)

レジャーシートだと暴れん坊の次男坊が逃げ回って追いかけるのが大変なんですが、テントなら出れるところが一箇所でその部分に私や夫が座れば逃げれない。

去年買って初めてテント使ったんですけど、日差しよけとして使うより、子ども脱走させない策として大活躍しました。

屋台が少ないので朝から行くなら弁当は持参した方がいい

思っていたより屋台が少なかったです。

最初の方にも書いていますが、祭りの時にある屋台が多くて、他はその地域の出店している屋台が数カ所(野菜も売っていました)、他にはイベントに出店しそうな屋台が1つ。

祭りにある屋台は、値段も高く売っているものもほぼ同じなので、私としては弁当を持参していった方がいいなと思いました。

今回は、初めてだったので弁当を持っていかなったので、めっちゃお金飛びました。

ウインナーとてりやきチーズバーガーは美味しかったんですが、屋台で買ったたこ焼きが微妙すぎたので、次は弁当持参で参加しようと思います!

駐車場から会場は目の前で段差もないのでベビーカーを持って入りやすい!

駐車場から会場入り口はすぐ目の前で、屋台が売っている広場も段差がなくベビーカーを持っていけます。

中には、ゴロゴロの中に子どもたちや荷物を置いて引いているお父さんもいました。

▼こういうものです。

これは小さい子どものいるファミリーには大活躍しそう!!

奥ヤンバル鯉のぼり祭りに行っての感想

GW中はずっと人の多い観光スポットで遊んでいたので、久しぶりの地元ならではのお祭りは癒されました。

テントを張って空をゆらゆら泳ぐ大量の鯉のぼりを見たり、冷たいかき氷を食べたり、川を眺めたりとゆっくり過ごせて楽しかったです。

今回、子どもたちは川に入らなかったんですが、水も浅くて小さい子でも入って遊べるので、来年こそは一緒に入って遊びたいです。

小さい子ども連れにはオススメな場所ですよ。

奥ヤンバル鯉のぼり祭りの基本情報

【開催場所】奥ヤンバルの里河川公園

【住所】沖縄県国頭郡国頭村字奥1280-1

【入場料】無料

【駐車場】無料/400台可能

スポンサーリンク









-イベント, 沖縄お出かけ

© 2021 おきとくブログ