沖縄食べ物

沖縄本部にある「そば屋よしこ」小さい子ども連れに優しい沖縄そば屋さんです

2019年2月5日

美ら海水族館や北部をドライブするときにお世話になっているそば屋よしこ。

いつかブログに紹介しようと思いつつなかなか投稿できずにいたので今回は、そば屋よしこについてレポ記事を書いていきます。

スポンサーリンク

本部にあるそば屋よしこ

美ら海水族館に向かう道の途中にあるそば屋よしこ。

インスタグラムにも投稿しているんですが、沖縄そば屋といえば苗字や地域名を使うお店が多い中、そば屋よしこは下の名前。

初めてそば屋よしこに行くときは、なんて面白い名前なんだと思っていました。

そしていざ着いて見るとこの建物。なんともいえなオーラが漂ってきて、入る前は本当に大丈夫なのかと不安になったものです。

お肉は甘く味がしっかり染み込んでいて美味しい!

でも、実際に沖縄そばを食べると美味しいんです!

入る前に不安って言ったのを謝りたいぐらい本当に美味しかったです。

私たちが注文したのは、三枚肉そばとソーキそば、お子様そばの3つ。

ソーキは骨つきです。お肉はしっかり味が染み込んでいて甘くて美味しい。

またお肉は柔らかいので3歳と1歳の子どもたちもペロリと食べれました。

そして漬物がサービスでついてきました。(以前行った時はゴーヤーの漬物がサービスでした)

上記のメニュー以外にも、てびちそばに単品のてびち、白米とジューシーもありました。

初めて行った時はお昼時間だったのでジューシーを注文することができたのですが、4時ごろに行った時はジューシーが売り切れになっていたので、もしジューシーも食べるなら早めに行った方がいいかと!

ジューシーもしっかり味が染み込んでいて美味しかったですよ◎

スポンサーリンク

店内の様子

店内は、テーブル席が8に、座敷が4あります。

あとはテレビもしっかり完備。沖縄の食堂には必ずついていますよね。(笑)

客層はほぼ地元の人で、1割観光客という感じがしました。

私が行った時は、1、2組観光客の人がいましたよ。

観光ブックとかにも載っていなそうなのに、観光客の人がくるのって珍しいですよね。

子ども椅子とお皿・フォーク・スプーンもある

子ども椅子とお皿、フォークスプーンもバッチリあります。

私が見た感じでは子ども椅子は3つありました。

お店の人がフレンドリーで子どもに優しい、ちょっとした心気遣いに感動

お店の人がとてもフレンドリーに接してくれます。

特に私たちが子ども連れだったということもあるかもしれませんが、お店の人がニコニコしながら子どもたちに話しかけてくれました。

ご飯を食べている時にも

「たくさん食べているね〜」

「食べるの上手だね〜」

と話しかけてきたりと、子どもが大好きなんだなと感じました。

人見知りの長男は最初照れてましたが、最後は慣れたようでおしゃべりしていましたよ。

そして、個人的に感動したのが、子ども用にと出してくれたお水をこぼさないようにと少なめに持ってきてくれたことです。

今まで子どもを連れて色んなご飯屋さんにいきましたが、お店の人が持ってくる子ども用であってもお水はいっぱい入ったものばかりで、私自身もそれが当たり前だと思っていたので、こんな風にされたことがなかったので感動しました。

我が家の子どもたちはまだ3歳と1歳で、お水をこぼしてしまう年頃だろうな〜っと気遣って少なく入れてくれたのかと思うとなんだか嬉しくなりました。

たまたま半分にしてくれたのかな〜なんて思っていたんですが、2回目に行った時も同じようにしてくれたので、きっと小さい子どもがきたらそんな風にしているのかなと勝手に想像しちゃいました。(笑)

お水の件で私はそば屋よしこの虜になってしまったのです。

基本情報(住所・営業時間・定休日)

住所:沖縄県国頭郡本部町字伊豆味2662

営業時間:10:00~17:00

定休日:金曜

駐車場:有り(無料)

本部まで行った際はそば屋よしこで沖縄そば食べてみて

本部にあるそば屋よしこは、お肉にもしっかり味が染み込んでいて汁まで飲んじゃうぐらい美味しいです。

お店の方もとてもフレンドリーで、小さい子ども連れの方でも安心して入れる沖縄そば屋です。

もし本部まで行く用事がある機会があったらぜひそば屋よしこで沖縄そば食べてみてくださいね。

スポンサーリンク









-沖縄食べ物

© 2021 おきとくブログ