沖縄生活

引っ越し先の洗濯機置き場が外(ベランダ)だった。外置き洗濯機のメリットデメリット

2018年12月26日

外置き洗濯機のメリットとデメリット

お気に入りの物件を見つけたのに、1つだけ不満が・・。それは洗濯機置き場がベランダということ。

っと悩んでいませんか?

・・はい、まさにそれは少し前の私の話ですね。

部屋が広くて家賃もちょうどいいぐらい、学校もすぐ近くで、とても条件がいいんですが、不満が1つ・・それは洗濯機置き場がベランダ。

元々実家は、ベランダに洗濯機があったのですが、夫と同棲していた頃から約5年ほど室内洗濯機に慣れてきたせいで、どうしても外置き洗濯機に戻るのは嫌でした。

でも、結局はこんないい条件の物件はもう2度とないかも、ということになり現在のお家に引っ越ししたマルコ一家です。

今のお家に引っ越して半年ほどたったので、今の気持ちと外置き洗濯機のメリット、デメリットについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

引っ越し先が外置き洗濯機だった。半年たった今の感想

最初はとにかくいやだった

冒頭にも書いていますが、元々実家はベランダに洗濯機置き場があったので、あの当時は「洗濯機=ベランダ」に置くものだと思っていました。

でも、夫と同棲を始めた頃から約5年間、室内に洗濯機場のあるおうちに住んだことでそれが当たり前に感じるようになったことで、現在のおうちに住み始めた頃はとにかく嫌でした。

洗濯するたびに「あ〜洗濯機は中がいいな〜。」となんども思っていたことか・・。

外置き洗濯機に慣れるとそれが普通に感じる

でも、人間慣れって怖いですね。毎日毎日洗濯をすると外置き洗濯機に慣れてしまいます。(笑)

いくら不満をタラタラ言ったとしても、解決しないし、同じアパートに住んでいる人もきっと同じ気持ちだよと思うようにして開き直りました。

雨降りの時は外で嫌だな〜って思うこともありますが、普段の洗濯では特に不満もなく過ごせていますよ。

そもそもどうして引っ越しする前は外置き洗濯機を嫌がっていたのに今はストレスに感じるほどの不満がないのか?

引っ越しする前は、友達や家族、ネットで外置き洗濯機のメリットやデメリットを聞いて不安になっていましたが、いざ住んでストレスなく過ごせているんです。

どうしてなのかな〜ってよくよく考えてみると、私の場合は、外置き洗濯機というデメリット以上に今のお家に満足しているからなのかなって。

家賃も相場より安くて、学校も近い、部屋も広いし、駐車場も止めやすい。

こんなに良い条件の揃った物件はもう2度見つからない。

洗濯機がベランダにあるぐらいなら我慢できる、となったのかなと。

スポンサーリンク

外置き洗濯機のメリット

家賃が安い

外置き洗濯機の最大のメリットといえば、家賃が安い。

私が住んでいる場所は立地がいいので、2LDKなら6万円以上で駐車場代は別というのが多い中、今住んでいるお家は相場より1、2万円ほど安く借りれています。

築が30年ほど経っているという理由も少しはあると思いますが、古くても洗濯機が中にあるとそれだけ家賃は高くなるので、”築が古い+洗濯機が外!”という理由があるからこそ安くで借りれているのかなって感じます。

洗濯が終わったらすぐに干せる

洗濯が終わったらカゴに入れてベランダに持っていかなくても洗濯機の中からそのまま衣類を取って干すことができます。

洗濯物を干す時に関しては、外置き洗濯機の方が本当に楽!

面倒くさがりな私にぴったりです。

外置き洗濯機のデメリット

雨が降ると洗濯機の中に衣類を入れるだけでも濡れてしまう

上記とほぼ同じような理由になりますが、雨が降ると洗濯機の中に衣類を入れるだけで濡れてしまいますし、取り出すときも大変。

ちょっとした小雨やベランダが濡れない風向きならそこまで気にならないですが、雨がベランダに向かって降っている時や、大雨の時は洗濯するの嫌だな〜って思うことも。

でも、毎日子どもたちの大量の洋服が出てくるので1日たりとも休めません(><)

洗濯機が壊れやすい

元々洗濯機って外用に作られているものではないので、室内に置いている洗濯機に比べて壊れやすいです。

実際、実家に住んでいた時は2年に1度は洗濯機を買い換えていました。

あの当時は、毎年なんども台風が直撃していたし、洗濯機カバーも一切つけずに置いていたので特に壊れやすかったかも。

洗濯機のボタンがつかなくなったり、ホースが破れてしまったり・・と。

関連【おすすめ】失敗しない洗濯機カバーの選び方!

湿気の多い地域だとカビリやすい

私は沖縄に住んでいるんですが、とにかく湿気がすごいのなんの。

室内に置いている洗濯機ですら、ちょっと怠けて掃除をしなかったらカビってしまうぐらいですから、外に置かれている洗濯機はその倍以上カビリやすいです。

実際、今のお家に住んで1ヶ月でカビってしまいました。(涙)

それからはカビラないように1ヶ月に1回は洗濯槽の掃除、晴れた日は蓋を開けて乾燥の手入れも忘れずに行なっています。

関連外置き洗濯機のカビ対策!ちょっとした一手間でカビをなくせる

台風対策や後片付けが大変

沖縄は台風が多い地域なので、時期によっては毎週台風がくることもあります。

なので、台風が近く前に台風対策をする必要があります。

洗濯機の中に水を貯めたり、蓋が飛ばないように紐やテープでぐるぐる巻きにしたり。

しっかり台風対策をしたとしてもやっぱり台風がくると、倒れないか、壊れないか、と台風が過ぎるまで心配になります。

やっと台風が過ぎたと思ったら今度は後片付けです。

台風で汚れた洗濯機を拭き、ぐるぐる巻きにした紐やテープを取り、洗濯機が壊れていないかチェックする。

台風に慣れている私ですら、洗濯機が外にあると毎回ハラハラしてしまいますね。

関連外置き洗濯機の台風対策について。ベランダに置いている我が家の場合

最後に

以上、私が感じる外置き洗濯機のメリットとデメリットについてでした。

ベランダに洗濯機があると干す時は本当に楽チンなんですが、雨が降っている時や台風がくると、やっぱり外は大変(^^:)

今住んでいるお家は外置き洗濯機という不満をかき消すぐらい条件がものすごくいいので、今のところはストレスに感じることもなく過ごせています。

洗濯機が室内から外にあるお家に引っ越ししようとしている人は、最初は絶対不満が出てくるので、引っ越しをする時は、不満をかき消してくれるぐらい住みたい!と思うような物件を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク









-沖縄生活

© 2020 おきとくブログ