沖縄食べ物

「読谷村漁協直売店」は穴場の天ぷら屋!外はカリッとサクサク本土風みたいで美味しい!

投稿日:

先日、北部をドライブ中、ランチをどこで食べようか話している時に見つけたのが読谷村にある「読谷村漁協直売店」。

漁港でとれた魚を天ぷらにしているんだからこれはきっと美味しいぞ!と思いワクワクしながら行ってきましたよ♪

スポンサーリンク

読谷村漁協直売店に行ってきた

読谷村漁協直売店は、住宅街の中を進んでいくとあるんですが、ちょっとわかりづらい場所にあるので、ナビをしながら行くのがおすすめです。

上の写真の建物が読谷村漁協直売店で、さらに奥に行くと駐車場になります。

私たちがついたのがちょうどお昼時間だったので、駐車場はほぼ満車状態でした。

1階は天ぷらや鮮魚販売で2階は食堂になってる

読谷村漁協直売店は、1階が天ぷらや鮮魚販売をしていて、2階が定食が食べれる食堂になっています。

▼入り口はいり1番奥に進むと、右側に階段があり階段を登ると「海人食堂」です。

メニューは、

魚汁→800円

イカスミ汁→930円

もずく丼→530円

マグロ丼→680円

マグロカツ丼→680円

海人丼→1300円

など。

パッとみた感じ値段はそこまで高くなく地元の人でも食べやすい金額設定でした。

▼注文の仕方は、食券を購入して、それをカウンターにいる店員さんに渡す仕組み。

席はテーブルのみで、テラス席もありましたよ。夏は暑いので誰1人いませんでしたが(^^:)

天ぷらの注文の仕方

ではでは、今回の目的の天ぷらに戻ります。

天ぷらは1階の入り口付近にあるカウンターで注文できます。

ちょっとわかりにくいんですが、上の写真↑の丸印のところに注文する紙が置かれていて、その用紙に欲しい分だけ書いて店員さんに渡します。

▼てんぷら注文票がこちら。

色々種類があるのかな〜と思っていましたが、

もずく→80円

さかな→70円

いか→70円

の3種類のみ。とてもシンプル!

種類の少なさにびっくりしましたが、とりあえず全種類買ってみましたよ。

▼さかな天ぷら

▼もずく天ぷら

▼いか天ぷら

パッとみたら魚もイカも同じ形をしているのでわかりにくいんですが、店員さんが別々の袋に入れてくれるので安心です♪

外はカリッとしていて衣が少なくて本土風の天ぷらみたい

いざ、天ぷらを実食!

食べてみてびっくりしたのが、外がカリッとサクサク♪それでいて具も大きくて食べ応えが抜群。それも、あげたて熱々で美味しい!

味もしっかりついているので何もつけずに食べられます。

上の写真をみてもわかる通り、読谷村漁協直売店の天ぷらは、衣が少ない。

沖縄の天ぷらといったら衣がたっぷりついているものばかりなので、衣が少ないのは珍しいですよね。

本土風の天ぷらみたい。(とはいっても本土の天ぷらよりも衣は多いと思います)

もずく天ぷらも油っぽくなくてカリッとサクサク。味もついているので、3歳の長男がもりもり食べていました。

今まで食べたもずく天ぷらより1番美味しかったです。

外にはベンチがあるのでできたて熱々の天ぷらをその場で食べれる

我が家はその場ですぐに食べたかったので、外にあるベンチに座りました。外には何個かベンチがあるので、熱々の天ぷらをその場で食べれますよ♪

屋根がついているのと、隣が海ということもあり、夏でも風があって涼しく感じました。自販機もゴミ箱も設置されています。

地元の人より外国人観光客が多かった

個人的にびっくりしたのが、地元の人より外国人観光客が多かったこと。

読谷でも結構奥の方にあって観光地でもないのに、なぜ観光客がこんな場所まで??と本当に不思議。

ガイドブックに載っているのかな?

1階の天ぷら部分は日本人観光客が多くて、2階がほぼ全員!?外国人観光客。まるで外国に来たのかな?と思うぐらい。

駐車場を見ると観光バスが停まっていたので、団体で来ている感じでした。

なんだか地元の人より観光客の方が沖縄の美味しい場所、詳しそうですね。(笑)

定期網体験もしている

読谷村漁協直売店では、定期網体験も行なっています。

朝6時半に漁港に集合して、船で定期網のある場所に行き、魚を引き上げる。取った魚を触ったり、記念写真が撮れたりできて、最後はセリ見学。

運が良ければ、ジンベイザメやウミガメ、マンタを見ることができるそうですよ。

一般の人だと船に乗って魚を取るのとかセリ見学なんてできないので、それを体験できるのは楽しそう♪

子供が小学生ぐらいになったら体験してみたいなと思いました。

小・中学生1,000円
高校生1,500円
大人2,000円

読谷村漁協直売店の基本情報(営業時間・定休日・電話番号・住所)

営業時間:9:00〜18:00(海人食堂10:00〜16:00/天ぷらラストオーダー17:00まで)

定休日:不定休

電話098-957-0225

住所:沖縄県中頭郡読谷村字都屋33

スポンサーリンク

「読谷村漁協直売店」は穴場の天ぷら屋だった!感想まとめ

今回初めて「読谷村漁協直売店」に行きましたが、まさかこんな場所に漁港があるなんてと驚きでした。

そして、天ぷらが美味しいこと!

外はカリッとサクサクで注文して作るから、できたて熱々を食べれるのもいいですし♪

沖縄の天ぷらとはまた少し違った感じなのもイイ!

観光客が多いのに値段は良心的。地元の人でも買いやすいのがいいですね。個人的にはこの味と値段をキープしてほしいなと思いました。

また北部にドライブする機会がある時に食べに行きたい穴場天ぷらです♪

▼小さい子供がいる方は、大きなシーサーがある「残波岬公園」で思いっきり遊ぶのもおすすめです。

残波岬公園2
読谷「残波岬公園」色んな種類のブランコや広い芝生!子どもを思いっきり遊ばせるのにぴったり!

残波岬公園といったら、大きな船やシーサーが有名ですよね。 私も独身時代はドライブがてらよくシーサーを見に行っていましたが、その場所に新しく公園ができているのを知っていますか。 公園巡りにハマっている我 ...

▼夏になると体験王国むら咲むらでは「夏のよみたん夜あかり」を開催していますよ。その時のレポがこちら。

【読谷 体験王国むら咲むら】夏のよみたん夜あかり2018 琉球夜祭に行ってきた

毎年冬になると必ず行っているのが、体験王国むら咲むらで開催される「琉球ランタンフェスティバル」。 そのイベントがなんと夏にも開催されると知り、夏のよみたん夜あかり2018 琉球夜祭に行ってきました! ...

スポンサーリンク









-沖縄食べ物

Copyright© おき得ブログ , 2019 All Rights Reserved.