イベント 沖縄お出かけ

【読谷 体験王国むら咲むら】夏のよみたん夜あかり2018 琉球夜祭に行ってきた

2018年9月19日

毎年冬になると必ず行っているのが、体験王国むら咲むらで開催される「琉球ランタンフェスティバル」。

そのイベントがなんと夏にも開催されると知り、夏のよみたん夜あかり2018 琉球夜祭に行ってきました!

スポンサーリンク

夏のよみたん夜あかり2018琉球夜祭はインスタ映えするスポット!

私は会場に行く前にインスタグラムや公式サイトで会場内の写真をみていたんですが、実際みて見ると綺麗すぎて感動!!

入り口入ってすぐ上に飾られていたのがこちら。

yomitan1

スマホで撮っているので綺麗さは半減していますが、本当に綺麗でうっとりしてしまいました。(私の語彙力がなさすぎて申し訳ないです。)

下を見ると壁側には竹の中に和紙を入れて色とりどりに光っていました。

yomitan3

他にもいろんな顔のシーサーが置いてあったり、写真を撮る人が多かったです。

yomitan4

きっとみんなSNSにアップするんだろうな〜と思いながら私も撮ってましたよ(笑)

私が文章にして説明するよりは写真をみてください。

ドアップにした写真を見るとちょっと怖いですけど、実物は綺麗でしたよ〜。

ここで写真を撮っている人が多かったです↓

浴衣のレンタルもあるよ

よみたん夜あかりでは、イベント開催中ゆかたのレンタルもしていました。

値段は3500円と強気なお値段ですが、意外に意外!着ている方がたくさんいました。

子供・男性用・5Lサイズまで揃っているそうです。

大体はカップルとかが多かったんですが、和の灯りと浴衣がベストマッチしていて絵になるな〜と見とれてしまいました。(笑)

スポンサーリンク

ベビーカーでも行けるよ

会場内はベビーカーや車椅子でも回れるようにスロープになっているので安心ですよ。

階段のところにもベビーカーが通れるように板を取り付けていたりしているので、ベビーカーで行っても困ることはありませんでした。

会場内には観覧車もあるよ

yomitan17

冬のイベントの時にはなかった観覧車に乗ってみました。

観覧車と行っても、北谷にあるような大きなサイズではなくミニミニサイズといったかんじです。

でも、長男は大喜びして乗りたーい!と嬉しそうだったので、私と一緒に乗ってみました。

2周して終わるかな〜って思っていたら結構ぐるぐると回っていましたよ。

1回300円で乗れるので、機会があればぜひチャレンジしてみてください。

ちょっとした軽食も売っている屋台もあるよ

ビールやブルーシール、ぜんざいやかき氷、たこ焼きが売っています↓

かき氷を買うならこちらが安かったです↓

yomitan14

トイレや授乳室は?

トイレは入り口付近とメイン会場の中、銭湯の中に各1つずつありました。

map

銭湯の中のトイレは、宿泊者のみしか入れないのかなって思っていたので、私は入らなかったので中がどんななのかわかりませんが、個人的におすすめは入り口付近にあるトイレが入りやすい(綺麗)です。

メイン会場内にあるトイレは、公園とかにあるトイレのような感じだったので、会場に入る前にすませておいた方がいいですよ。

あと授乳室ですが私がみた限りでは見当たらなかったので、会場に入る前にオムツ交換をするか、終わった後に近くのスーパー(マックスバリュー)で交換するのがいいかもしれません。

夏のよみたん夜あかり2018琉球夜祭の場所・開催日・時間・料金

場所:体験王国むら咲むら
中頭郡読谷村字高志保1020-1

開催日:2018年8月10日(金)〜9月23日(日)

時間:17:30〜22:00(最終入場21:30)

料金:大人600円/中高生500円/小学生400円
*6歳未満は無料

夏のよみたん夜あかりに行っての感想

毎年、冬に行われていたよみたんランタン祭りの夏バージョンってどんな何だろうってワクワクしながら行きましたが、冬とは全く違う綺麗さで感動!写真ばかりパシャパシャ撮っていました。

灯を背景に子どもを撮りたいのに、逃げ回る長男坊とカメラ目線を一切してくれない次男坊に苦戦しながら何とか数枚写真を撮ることができました。

イベントに来ているファミリーの中には、子どもたちに甚兵衛や浴衣を着せてきている人が多かったので、もし来年開催するならわが家も子どもたちに甚兵衛を着せて参加しようと思います。

 

スポンサーリンク









-イベント, 沖縄お出かけ

© 2021 おきとくブログ