子育て

雨の日の幼稚園送迎にはショート丈のレインブーツ!軽くて歩きやすいおすすめを紹介

子供たちの幼稚園はいつも徒歩で送迎をしていますが、雨の日が本当に大変。

洋服だけじゃなくて靴まで濡れてしまいます。

レインブーツと聞くと長くて重たくて歩きにくいイメージをもっていたので、個人的にはあまり履きたくないなって思っていました。

でも、そんな私にピッタリなレインブーツを見つけましたよ。

今愛用しているのがこちらのショート丈のレインブーツ。

長くもなく短くもない、ちょうどいい丈なので濡れることもありません。

さらに軽くて歩きやすいのでまさに私にピッタリなレインブーツです。

今回は軽くて歩きやすくておすすめショート丈レインブーツを紹介していきます。

スポンサーリンク

暴れん坊の子供たちを連れての雨の日の幼稚園送迎は大変

私は子供を2人(年長と年中)を幼稚園に徒歩で送迎していますが、ものすっごく大変です。

通学路は、細くボコボコしていて(子供1人と大人1人並んで通れるぐらい)、坂も有り、それでいて車がとっても多い。

そんな通学路を暴れん坊の子供たちを連れて行くので、普通に歩くだけじゃ物足りなく急に走ったり、ちょっと坂を登ったり、わざわざ体力を消耗する行動ばかりします。

なのですぐに動ける格好でいくんですね。靴は軽くて走れる運動靴。

そんな予測不可能な行動ばかりする子供たちを送迎しているので、ちょっとした小雨でも靴は濡れてしまいます。

それもこの濡れた靴のまま仕事に行くので、レインブーツ買いたいなって思っていましたが、この子供たちの行動に対応できるほどの軽くて動きやすいレインブーツはないと思って諦めていたんですね。

軽くて歩きやすいショート丈レインブーツを購入

ネットで調べまくって購入したのがショート丈のレインブーツ。

カラーは「ブラック・ダークグリーン・ライム・ローズ」の4種類あります。

私はブラックを選びました。

このレインブーツ、長くもなく短くもない、ちょうどいい丈なんです。

見た目がゴツいので重そうに見えますが、とっても軽いですよ。

軽いので急に走り出す子供たちを追いかけることも出来ます。

それも柔らかい素材なので、こんなふうに曲げても大丈夫。

破れることもないですし丈夫!

しゃがんだりするときの動作もストレスなくできるので、暴れん坊の子供たちを連れて送迎する時に本当にピッタリ。

個人的にはデザインも好きですね。

ちょっと厚底になっているので、足長効果もありそうですし、このゴツさで太い足も細く見えるんじゃなかと思っています😂

繋ぎ目がないので隙間から水が入る心配なし、水たまりも歩ける

レインブーツとはいえ、汚れるのは嫌なので水たまりとか避けて歩くようにしていますが、子供がいるとそうはいきませんよね。

なぜか水たまりの方に向かって歩き出します😂

でも、このレインブーツは繋ぎ目がなく隙間から水が入る心配もないので水たまりでも全然歩けます。

長く使い続けて行くと、底が剥がれてしまうこともありますが、繋ぎ目がないので底が剥がれることもなくこれなら長く使い履き続けられそう。

ショート丈なのでそのまま靴箱に入れることもできる

ショート丈のレインブーツなのでそのまま靴箱に入れることが出来ます。

ロングのレインブーツの中には折り畳めるタイプもありますが、

何度も折りたたむとちょっと傷がついてしまうんじゃないかとか思ったり。

でも、ショート丈だとそのまま靴箱の中に入れることができるので、そんな心配もないです。

あとはコンパクトなので、場所を取る心配もないですね。

我が家の靴箱は小さいので助かっています。

履き口がゆったりしているので履きやすい

履き口がゆったりしているので、履きやすいです。

脱ぎ履きしやすいので立ちながらでも履くことが出来ますよ。

履き口がゆったりしているとその隙間から雨が入ってくるんじゃないかと思いますよね、でもこちらは紐がついていて調節可能になっています。

他にも履き口が柔らかいので、ふくらはぎに当たっても痛くないのもいいですね。

多分靴部分と同じ素材になっていると、長時間歩くとふくらはぎに当たって痛かったかも。

ちゃんと考えられて作られているんだなと感じました。

雨の日の子供の送迎でレインブーツを購入するならショート丈おすすめです

私のように子供が暴れん坊で軽くて走れるレインブーツを探す人ってあまりいないと思いますが・・😂

ギリオのレインブーツは、軽くて動きやすいので私のような目的以外の人にもおすすめ。

履き口もゆったりしているので、脱ぎ履きしやすいですし、ショート丈なので靴箱にも入りやすいですよ。



-子育て

© 2022 おきとくブログ