沖縄生活

冬の沖縄で結婚式に参列レポ!服装や選び方、注意点など

2019年2月27日

先日、親戚のチャペルウェディング(結婚式)に参列してきました。

チャペルウェディングは、夏に何度か参加したことがあったんですが、2月の寒い時期に参加するのは人生初!

服装も夏仕様のものしかなく、冬のチャペルウェディングはどういう格好をしたほうがいいのか迷ってしまいました。

きっと私のようにどういう服装にしたらいいのか迷う方も多いと思うので今回は、服装について、そして冬の時期のチャペルウェディングの様子をまとめてみました。

スポンサーリンク

家族みんなでチャペルウェディングに参列!2月の沖縄は寒かった

今回、私がチャペルウェディングに参加したのは2月の初旬。

冬でも暖かいと言われている沖縄でも、冬の中では1月2月は寒い時期に入ります。

当日の天気は曇りで時々小雨が降っていました。

平均気温は16.4度、最低気温が9.6度、最高気温が25.8度。

挙式会場が北部の海側だったので、風がビュンビュンと吹いていてかなり寒かったです。

30分かけてセットした髪の毛も、会場着いた途端、風であっという間にボサボサになってしまいました。

チャペルウェディングの流れ

教会に集まって挙式がスタート

挙式が始まる30分前には集合して、みんなで教会の中に行きました。

入り口入って右側が新郎側の参加者。

左側が新婦側の参加者。

参加者がみんな集まり時間になると挙式がスタート。

チャペルウェディングは何度も参加していますが、やはり毎回新郎、新婦さんが入ってくるときはドキドキものです。

今回は、3歳と1歳になる子どもたちも一緒の参加だったので、暴れたりしないか、違う意味でドキドキしていました。

最初は2人とも緊張して大人しくしていたのですが、10分も経つとキョロキョロと動き出し、後半は大人しくさせるのでいっぱいいっぱいになり、新婦、新郎の様子を見る暇がないぐらいでした。

挙式は30分ぐらいだったので、なんとか無事?に終了。

挙式が終わると教会の外に出てフラワーシャワー

挙式が終わると参加者だけ教会の外に出てフラワーシャワーの準備を始めます。

スタッフの方が、参加者1人1人に花を渡してくれて、新郎新婦さんが出たらお花を投げておめでと〜を言います。

・・・が、この日は風がビュンビュン吹いていたので、投げた花が違う方向に飛んでしまい、下の写真のようなフラワーシャワーはできず・・。

ブーケトス

そして、そして女性の楽しみといえばブーケトス。独身時代は私も積極的に参加したものです。

密かに楽しみにしていたブーケトスですが、風が強いのか今回のチャペルウェディングではなかったです。(残念)

新郎・新婦・参加者全員で写真撮影して終了

フラワーシャワーも終わると、今度は新郎・新婦・参加者全員で写真撮影をします。

教会をバックにみんなに集まり写真を撮るのですが、このときタイミングが悪く雨が降り出してしまい、急遽教会の中で撮影をしました。

プロのカメラマンが写真を撮ると、10分ぐらいは各自で写真撮影がスタート。

その後、外に出て下の写真のような場所で新郎新婦さんの写真撮影が始まり、そばで参加者がその姿を写真を撮って終了となりました。

食事会場所に移動

私が参列したチャペルウェディングは、挙式が終わると

  • ホテル内のレストランで食事会をする
  • 挙式のみで食事会なし
  • 違う場所で食事会

でわかれることが多いんですが、今回は、ホテル内にあるレストランで食事会を行いました。

食事はフルコースとなっていて、子どもはお子様ランチが用意されていました。

スポンサーリンク

2月の沖縄 結婚式での服装はこんな感じ!

チャペルウェディングに参加することがわかって、1番に悩んだのが服装です。

夏だったら半袖のドレスでいいんですが、冬のチャペルウェディングって・・何をきたらいいのか迷いまくりました。

▼結果、私がきたのがこちら。

写真には写っていないんですが、このドレスに白いベルトを合わせました。

▼ドアップするとこんな感じ。

▼7部丈のドレスに、上から羽織るようとしてストール。

最初は、7部丈のドレスだけで十分かな〜なんて思っていましたが、真冬のチャペルウェディングはめちゃくちゃ寒い!!

ストールが大活躍してくれました。

チャペルウェディングの場合は、フラワーシャワーブーケトス、撮影など外に出て参加することが多いので、真冬なら、できるだけ暖かい格好の方がいいです。

冬の沖縄 チャペルウェディング(結婚式)に参列する時の服装選び方や注意点について

海の近くは風が強いのでヒラヒラしたドレスは避けた方がいい

沖縄の冬は基本的に風が強く、特に海の近くだと髪の毛がボサボサになるぐらいビュービュー吹いています。

私が着たドレスはヒラヒラ系だったので、舞い上がらないように抑えるのに必死でした。

なので、女性の場合、服装は出来るだけ風で舞い上がるようなヒラヒラとしたドレスは避けた方が無難です。

▼例えばこんな感じのドレス。

参列者の中には、パンツスタイルの方もいてとても素敵でしたよ。

冬ならパンツスタイルもいいかも!

▼個人的には下のコーデめちゃくちゃ可愛いです!しっかり腕まで隠れているので冬の結婚式にぴったり。

ストールを持って行くなら大判!

上から羽織るものとして、コートという手もありますが、沖縄の場合、移動は基本車ですし、外に出るといえば撮影のみぐらいなので、個人的にはストールでも良いのかなって思います。

大判で分厚いストールならそれだけでも十分暖かいですし!

▼個人的に私がいいな〜と思ったのがこちら。

デザインもシンプルで可愛いですし、何より羽織っていても変じゃない!(笑)みんなで写真撮るときもそのまま羽織ってるだけでサマになっている!

あとはストールだけど手を出す部分があって、ずり落ちなさそう。

私も持っていたストールは手を出す部分がなかったので、前で結んでもすぐに取れてずり落ちてしまっていたので、手がある方が便利なのかなって思いました。

2月の沖縄でチャペルウェディングに参加するなら暖かい格好で◎

1月はまだ暖かい日もあったので、2月でも余裕かな〜なんて思っていましたが、2月に入った途端急に寒くなり天気もほとんど曇りの日が多かったので、とにかく寒かったです。

晴れた日はまだ太陽の日差しで少しは暖かいですが、曇りや雨の日は風も強くて本当に寒いので、出来るだけ暖かい格好で参加してくださいね。

7分丈か長袖のドレス、風も強いのでヒラヒラとしたドレスはあまりおすすめできません。

ドレスだけだとやっぱり寒いので、羽織るものとして大判のストールも忘れずに。

▼3歳と1歳ボーイズの結婚式コーデについても書いています。

3歳1歳の子供とチャペルウェディングに参列。男の子服装や靴、持ち物について

2月の休日、3歳と1歳の子供たちと親族のチャペルウェディングに参列してきました。 長男は0歳の時に1度参列したことがあったのですが、今回は暴れん坊の3歳と1歳を2人同時に連れての参列。 絶対に大変だぞ ...

スポンサーリンク









-沖縄生活

© 2020 おきとくブログ