子育て

ぺんてる「くるりら」から色鉛筆に買い換え!全て芯でできているので長持ち

子供たちの塗り絵やお絵かきで重宝しているぺんてる「くるりら」。

お絵かき塗り絵をする時に手が汚れるのが嫌でぺんてる「くるりら」を愛用しています

いつも使っている色がなくなってきたので、再度購入しようと思った時にふと目に入ったのが色えんぴつ。

来年、長男が小学校に上がるしそろそろ色えんぴつも使う練習しても良いかなと思い試しに購入してみました。

色えんぴつといっても実際使ってみるとクーピーのような発色でとても描きやすい。

力を入れなくてもスラスラ描けたり塗れたりするので子供たちに大好評!

今までずっとぺんてるの「くるりら」を使っていましたが、これがなかったかのように今はずっとこの色えんぴつを使っています。

スポンサーリンク

上からも下からもどこからでも描けるのが魅力

個人的にこの色えんぴつのよかった点は、上からも下からも描けるところ。

芯でできているので、どこから使っても描けます。

なので子供たちも気にせず、上からも下からもガシガシとお絵かきしています。

芯でできているから長く使える・芯も削らなくても使い続けられる

子供の塗り絵って塗る面積がとっても大きいので、ぺんてるの「くるりら」で塗るとあっという間に芯がなくなってしまうのですが、こちらの色えんぴつは全て芯になっているので、ガンガン塗ったとしてもまだまだ使えます。

うちの子たちは、好きな色を延々と使うので、お気に入りの色はすぐになくなってしまいますが、芯が長いので安心(^^)

親としてはまた買い足さなくてすむのは良いですね。お財布に優しい。

ちなみにえんぴつ削りもついていますが、全て芯なので削らずに使うことができるので塗り絵やお絵かきを中断することなく延々と使い続けられます。

鉛筆削りはちょっと危ないので、子供たちが使えないように別の場所に置いています。

最初は力加減がわからず折れてしまった

今までずっとぺんてるの「くるりら」を使っていたので、そのまま同じように色えんぴつを使っていたのでいくつか折れてしまいました。

折れたといっても、芯が短くなるだけでそのまま使えるので問題ないですね。

全て芯でできているメリットではないでしょうか。

何度か使ううちに慣れてきたようで、今は1度も折ることなく使えていますよ(^^)

長く使えるので色えんぴつに買い替えてよかったです。



-子育て

© 2022 おきとくブログ