おもちゃ 子育て

プラレールの騒音対策にジョイントマット

大きなレールを作って色んな車両を走らせるのは楽しいですけど、気になるのが騒音ではないでしょうか。

我が家は賃貸アパートに住んでいて、過去に音がうるさいと苦情がきたことがあります。

騒音を気にして日中遊んでいましたが、コロナ禍の影響でテレワークが増え、日中ですら周りを気にする状態でした。

一時期はプラレールもやめようと思いましたが、子供たちの楽しみを奪ってしまうのはどうなのか・・と思い、騒音対策をすることにしました。

スポンサーリンク

プラレールの騒音対策にジョイントマット

我が家のプラレールの騒音対策として、遊ぶ場所にはジョイントマットを敷いています。

敷いているのは「タンスのゲンのジョイントマット」

厚さが2cmと他のメーカーのものより分厚いのが特徴です。

この厚さのおかげで車両が走る時の響く音もこのクッションが吸収してくれて、かなり静かになりました。

ジョイントマットを敷いてなかった時は、音が全体に響いていましたが、今はそんなこともなく遊べるようになりました。

ジョイントマットを敷く前は、何回かカーペットを敷いていましたが、ジョイントマットの方が静かですね。

まさか、子供が大きくなってジョイントマットと卒業できたと思ったら、プラレールの騒音対策でまた使う時が来るとは思いもしませんでしたが・・、他の住民の迷惑にならないようにするためにも、プラレールを卒業するまでは敷いていこうと思います(^^:)

タンスのゲンのジョイントマットの詳しいレビューはこちらの記事に書いています。

防音対策にジョイントマットを敷くならタンスのゲンの厚さ2cmがおすすめ!



-おもちゃ, 子育て

© 2022 おきとくブログ